小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】

サイトメニュー

女の人

原因を叩く

小顔矯正を検討する際は、まず医療機関を受診して原因を特定してから治療を開始するのが失敗を防げます。今はプチ整形など切らない整形も増えてきていますので、体に極力負担をかけない治療法を選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

看護師

顔の美容に使える手術

顔を小さくできる小顔矯正の施術は美容外科で受けられますが、実績のある所を利用しないと問題が起こりやすいです。施術を受ける時は費用の確認もしておくべきで、高額な費用がかかるケースもあるので気をつけなければいけません。

詳しく見る

ウーマン

理想を明確にし伝えること

小顔矯正の種類は原因の根源別で使い分けられ、適切に治療するために医師による診断が行なわれます。患者さん自身はどんな顔になりたいのかを明確にし、医師に伝えておきましょう。ただ原因を改善しただけでは、理想とのズレが生じる可能性があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

当日の流れや注意点

小顔矯正では注射や切開手術の美容整形が効果的です。注射は当日局所麻酔を行い数分で施術できます。切開手術の場合は事前の検査や当日の手術後も数日間入院が必要です。事前のカウンセリングがとても大切なので遠慮せずに具体的なイメージを伝えましょう。

詳しく見る

ダウンタイムの注意点

カウンセリング

効果に違いが出てしまう

小顔矯正治療後は、少なからずダウンタイムが発生します。その間、どのように過ごすかによって治療の効果が変化する場合があるため、注意が必要です。例えばボトックス注射やヒアルロン酸注射で小顔矯正を行なった場合、ダウンタイムは短いですが施術直後は規制があります。ボトックス治療の場合、注入した成分が他の場所へ流れていかないよう横になってはいけませんし、運動などを行なって血行をよくすることも控えなければなりません。ヒアルロン酸注射もフェイスラインを小顔に見えるよう整えるための治療方法ですので、形を崩さないよう留意する必要があります。洗顔やマッサージなどで圧力をかけすぎると効果が薄れてしまう可能性があり、治療部分は繊細に扱わなければなりません。外科手術によって小顔矯正を行なった場合は、医師から療養期間を用意されることがあります。程度によっては入院や、サービスの中にダウンタイム中の滞在場所を手配してくれる特典があるクリニックも存在します。抜糸するまでは安静にするに越したことはないので、傷口を開いたりしないよう大人しく過ごすのが無難です。ダウンタイムは注射による治療であれば2週間程度、外科手術ですと2か月前後かかることもあります。医師の指示に従って、万全の状態になるまでは気を抜かないようにしましょう。小顔矯正治療の中に、ボトックス注射とエラ削りというものがあります。どちらもエラにお悩みの患者さんへ提案される小顔整形術ですが、手法は全く異なるものです。その違いは、エラの性質にあります。エラには2種類あり、筋肉でできたものと骨でできたものに分けられます。筋肉でできたエラはボトックス注射を行なって筋肉を縮めることで解決できます。プチ整形の一種ですので、ダウンタイムも短期間で済みますし身体的ストレスもそれほど大きくありません。ただし効果が永続ではないので、またエラが発達し始めたら同じ治療を繰り返し施さなければならないという特徴もあります。一方、骨でできたエラは削るか切り取るしかありません。アゴの下部分の骨を、患者の理想像に合わせて切り取ります。外科手術になるのである程度のリスクは覚悟しなければなりませんし、療養期間も長く取る必要があります。ただ、治療してしまえば、骨のエラが再発することはありません。問題なければ一度の矯正治療で完結することができ、一生ものの小顔を手にすることができます。その代わり、削り取る骨の範囲などの調整は医師と慎重に協議しなければなりません。削る骨のサイズ次第で印象も変わりますので、理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨むのが無難です。

人気記事

女の人

原因を叩く

小顔矯正を検討する際は、まず医療機関を受診して原因を特定してから治療を開始するのが失敗を防げます。今はプチ整形など切らない整形も増えてきていますので、体に極力負担をかけない治療法を選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

看護師

顔の美容に使える手術

顔を小さくできる小顔矯正の施術は美容外科で受けられますが、実績のある所を利用しないと問題が起こりやすいです。施術を受ける時は費用の確認もしておくべきで、高額な費用がかかるケースもあるので気をつけなければいけません。

詳しく見る

ウーマン

理想を明確にし伝えること

小顔矯正の種類は原因の根源別で使い分けられ、適切に治療するために医師による診断が行なわれます。患者さん自身はどんな顔になりたいのかを明確にし、医師に伝えておきましょう。ただ原因を改善しただけでは、理想とのズレが生じる可能性があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

当日の流れや注意点

小顔矯正では注射や切開手術の美容整形が効果的です。注射は当日局所麻酔を行い数分で施術できます。切開手術の場合は事前の検査や当日の手術後も数日間入院が必要です。事前のカウンセリングがとても大切なので遠慮せずに具体的なイメージを伝えましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】 All Rights Reserved.