小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】

サイトメニュー

原因を叩く

女の人

血が出ないから安心

初めて小顔矯正に踏み出す人が失敗しないために、事前に知っておいてほしいことがあります。それは、できるだけ美容外科などの医療機関で矯正治療を行なうことです。よく整体院やエステサロンなどでも小顔矯正プランが設けられています。これらは血行やリンパの流れを促進することで、顔に溜まっている老廃物や余分な水分を排出するのを目的としています。もちろん、見た目には変化が見られますし健康にも良いと思われます。しかし、こういった治療は一時的に水分を出しただけなので、すぐに元に戻ってしまうことが多いのです。美容外科で小顔矯正の相談をする場合、まずカウンセリングによって原因の特定が行なわれます。顔が大きく見える原因にも脂肪やむくみ、エラなどの種類があります。そして当然原因によってアプローチの仕方は変わってきます。原因にピンポイントで効く治療を実施することにより、再発を防いだり、普段の生活を見直したりするきっかけにもなります。その過程で、原因が老廃物や水分のせいだとわかったならば、整体院やエステサロンに通うことを選択するのも良いでしょう。まずは医療機関を受診して原因を特定してから治療方法を選択する、という順序を辿ることが、無駄な施術や解決への遠回りを防ぐことに繋がります。整形と聞くと、皮膚にメスを入れたり、出血を伴ったりするイメージを持たれることが多いです。しかし今は切らない整形も多く、小顔整形もお手軽に行なえるものが増えてきています。いわゆるプチ整形というものですが、顔を大きくしている症状次第では注射を施すだけで小顔矯正が可能なのです。まず、切らなくてはいけない症状と切らずに済む症状があることを知っておかなければなりません。切らなくてはならないのは、原因が骨格のような生まれつきのものである場合です。骨は歪みを治すことは可能ですが物理的にサイズを変えるとなると削るしかありません。しかし、これは頭蓋骨が平均より大きい場合であって、サイズ自体がそれほど大きいわけでなく肉付きが問題の場合は切らずに済みます。例えば太っているわけではないのに全体的に丸顔の人は顔が大きく見られがちです。この場合、アゴが小さいせいで錯覚が起きていると考えられます。その際はアゴにヒアルロン酸や自らの脂肪を注射し、アゴをシャープにすることで小顔に見せることが可能です。また、アゴの筋肉が発達していて台形になっている場合は、ボトックス注射を施すと筋肉が縮み、小顔効果を得られます。このように、輪郭のバランスを整えるだけでよい小顔矯正がどんどん進出してきています。体への負担も少ないため、切らない整形が人気なのも頷けます。

Copyright© 2018 小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】 All Rights Reserved.