理想を明確にし伝えること|小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】

小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】

サイトメニュー

理想を明確にし伝えること

ウーマン

人それぞれの治療法

小顔矯正治療は悩みの根源によって治療法が使い分けられています。そのため、矯正治療に入る前に、担当医による綿密なカウンセリングと診断を行う必要があります。美容整形クリニックを受診する患者さんの多くは自分の顔が大きいと悩んで来院します。しかし、実際に平均的な顔のサイズを逸脱している人は少数で、ほとんどの患者さんは少し手を加えるだけで小顔に見せることが可能です。矯正方法の種類は、大きく3パターンに分けられます。1つは、先天的に骨格などが原因で顔が大きくなっている人向けの治療で、手術を行なって骨を削ったりすることになります。2つ目は、エラが張るなど後天的に顔が大きく見える原因が現れた人向けで、ボトックス注射や脂肪吸引などで根源を絶つ方法です。こちらは診断によって原因がはっきりしているときに用いられます。そして最後は視覚的に顔が大きく見えている人に対し、輪郭のバランスを整える方法です。この方法はアゴが小さく丸顔の人など、本当は小顔なのにそれがわかりにくい輪郭をしている人に用いられます。主にヒアルロン酸注射や体内から採取した自分の脂肪などを、アゴや鼻筋などに注入しフェイスラインの調整を行ないます。小顔矯正といってもサイズを物理的に小さくするだけではなくなっており、医師の専門的視点で適する治療法を選ぶのが大切です。小顔矯正治療を受ける場合は、自分の理想像を具体的に描いてから臨むのが大切です。小顔になるといってもアプローチの仕方次第では出来栄えが大きく変わります。最終的にどんな自分になりたいかを明確にしておかないと、担当医と認識の相違を招きかねません。エラを除去するためにボトックス注射を受けた人は、アゴ周辺の筋肉が小さくなるので小顔効果が得られます。しかし頬が全体的に下へ垂れてしまう結果になることもあり、顔の印象が変わって理想と違っていると感じる人もいるかもしれません。また、頬の面積を小さくするために脂肪吸引を行なった場合でも、確かに小顔に見えるけれどゴツゴツした印象になってしまったと不満が残る可能性もあります。エラを取りたい、頬の面積を縮小したいという患者さんの願いを担当医は確かに叶えましたが、結果に満足度がついてこないケースもあるのです。こういったことを防ぐ意味でも、患者さんが矯正することでこんな顔になりたいと適切に伝えておく必要があります。治療方法を工夫したり、プラスで別の処置を行なったりすることによって、理想像に近づけることができるかもしれません。そのため、治療前のカウンセリングは慎重に行ない、目標地点を合致させておくことを頭に入れておきましょう。

Copyright© 2018 小顔矯正にトライ【理想の輪郭などを明確に描いてから治療に臨む】 All Rights Reserved.